fc2ブログ

【Pivot X】勝率丸見えの売買サインで楽々トレード

とゆうわけで、手法検証ブログに転生して最初にお試しの手法は・・

Pivot X

となりました。

  参考リンク:Pivot X (公式ページ)
image.jpeg


選んだ理由は、この頃ちょっとチャートを見る時間がなかったので相場を把握しておらず、Pivot Xならセットアップや環境認識に時間をかけずにすぐトレードできるからです。

そして、ちょうど、12月3日(日)までセールでお安くなっているから。

hero-image


Pivot X の概要


Pivot X は売買サインを出してくれるインジケーターです。(下図参照)

 赤丸 が 売りサイン
 青丸 が 買いサイン
 ×マーク が 利確サイン

売買サイン(赤or青)が出た始値でエントリーしたとして、×マークが出れば利確=勝ちとなります。

エントリー後に ×マークが出ないまま反対向きの売買サインが出たら損切り=負けです。


過去チャートにて上記の勝敗判断を基にサインの勝率が計算されて、チャート画面内に表示されます。(パラメーター設定でオフにすることもできます)

勝率がそれなりに高くて、Ave. Profit Per Trade(平均獲得pips)がスプレッドよりも十分大きければ、サイン通りに売買を繰り返すだけで利益が積み上がっていくという仕組みですね。

他のインジケーターとはコンセプトが大きく異なるというか、単純でわかりやすくて私は好きです。

詳しい説明はこちら↓の解説記事をご参照いただくとして、本稿では早速、トレードとその結果を見てみましょう。

  参考リンク:【海外発】納得の勝率予告サイン「Pivot X」だからできるシンプルトレード




トレード検証


2023年12月2日深夜。何日かぶりにチャートを開いて、次のような場面を探しました。

条件1:1時間足のPivot Xがトレンド方向に売買サインを出していること。
条件2:5分足のPivot Xが同じ方向に売買サインを出していること。
条件3:5分足のPivot Xが売買サインを出してから逆行していること(仮に始値でエントリーしていたら含み損状態)

逆行している状態(条件3)を狙いたい理由は、小さな時間足では平均獲得pipsが小さいから少しでも利益を稼ぐため・・・ですが、特に気にしないのであれば始値でサイン点灯と同時にエントリーしても良いでしょう。

スプレッドの狭い通貨ペアとボラの大きいXAUUSDあたりで条件合致の通貨ペアを探していくと、USDCADでトレードすることができました。

20231202 pivotx 5

1発目
  USDCAD 売り 1.34983 → 1.34956【勝ち】+2.7pips

【エントリー】
20231202 pivotx 1

【決済】
20231202 pivotx 2


2発目
  USDCAD 1.34969 → 1.34947【勝ち】+2.2pips

【エントリー】
20231202 pivotx 3

【決済】
20231202 pivotx 4

いずれも赤丸サインでショートサインですが、エントリーは5分足がいくらかの陽線になっているときに打っていることが画像でわかっていただけると思います。

つまり、上ヒゲでエントリーして陰線で決済とゆうトレードをしました。

それでも利益は立ったの2pips・・・

やはり、時間があるときに大きな時間足でトレードするべきですね。今回は、週末になる前にトレード記録を残したかったので、金曜日の深夜に無理してトレードしました。

12月3日(日)までセール中だそうですので、よろしければ公式ページで詳しい情報をご覧ください。意外と安いです。

  参考リンク:Pivot X (公式ページ)
image.jpeg

GogoJungleblackFriday!11月24日からホットな10日間!


もう眠い。

おやすみなさい。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ようじ

Author:ようじ

手法一覧
Latest journals
Archives

全ての記事を表示する

Monthly archive
Category
カテゴリ:過去の手法まとめ
Check it!
Search form
Display RSS link.
Link