FC2ブログ

ブログタイトル変更しました。これからはアノマリーでともに稼ぎましょう

growing money every candle



皆様こんにちは。


当ブログはこれまで『香港ドル一攫千金ブログ』と題して活動していましたが、ロジックの要としていたGEMFOREX 香港ドル の取り扱いを停止したことで、『香港ドル一攫千金ブログ』も打ち切りとなりました。


  関連記事(2020年7月28日):ブログタイトルを変更します:香港ドル一攫千金ブログ


  関連記事(2020年10月10日):USDHKD片張り手法終了のお知らせ。香港ドルの信用は壊れた



実はそれ以前にはまた別のテーマで記事を書いていたのですが、一貫していることはFXが下手でもできる「無裁量」な手法が好きだということです。


そういうわけでこれからは、新テーマで更新していきたいと思います。


新しいブログタイトルは(既にサイトトップに表示されていますが)


  『必勝アノマリーFX!みんなで稼ごうブログ


とします。




アノマリーFXとは


022.jpg


アノマリーという言葉の意味をざっくりいうと、


 「根拠があるのかないのかわからないけど、なぜかそうなる」


というようなことになります。


FXでいえば、


 テレビでジブリ映画が放映されると相場が荒れる、 とか


 アメリカ大統領選の年はドルが買われやすくなる、


などが有名なアノマリーですかね。


それだけ聞くと「え、なんで?」となりそうですが、調べてみるとそれっぽい理由があったりします。


では、もしも、誰かがこういったとします。


「毎週月曜日の朝一番に買いを入れておけば、とりあえず勝てるらしいよ」



これはアノマリーでしょうか、アノマリーではないでしょうか。


この発言に根拠があればアノマリー?


それとも、根拠はなくても実際にその傾向が確認されたらアノマリー?


私がいま稼いでいるのは、そんな「アノマリー的」な方法です。




俺的アノマリーFX手法


09.jpg



私のアノマリーは、言い方を変えれば


テクニカルでもファンダメンタルでもない別の分析方法


と言ってもいいかもしれません。


手法のイメージとしては次のような感じです。


例えば、


 利確8pips、損切り80pips


とだけ決めてランダムにトレードすれば、だいたいは勝てるでしょうがたまに負けますね。


勝率は、普通に考えれば平均で90%に落ち着くはず。


ただ、これではスプレッド分だけ不利になるし、スワップで利益が削られることもあり、トータルではマイナスになります。


ならばこれを、勝率90%より高い見込みでトレードできるようにすれば、どうでしょうか。


はい、そうです。儲かります。


10回勝って1回負けるペースでは儲かりませんが、11回勝って1回負けるぐらいなら、儲かるのです。


私の実際の戦績としては、


 10月は44戦40勝4敗


・・・と振るいませんでしたが、負けトレードが続いた反省点を見い出すことができたことと、もっとエントリーを増やせるようになって、


11月は今のところ


37戦36勝1敗


ということになっています。(11月16日正午ごろ時点)


0-13.png



この分析方法については、そのうち解説ページを作りますね。商売ではないのでこれをお伝えするのはもちろん無料ですが、軽い条件は付けさせていただくかもしれません。



他のトレーダーさんがシェアしているような、華々しい稼ぎ方ができる手法ではありません。その代わり、誰でも実践できる再現性の高さと、相場環境もテクニカルも排除した無裁量手法なので初心者も玄人も関係ない手法になっております。


もしかすると、勘の良い方は、答えに半分たどり着いているかもしれませんね。


「ランダムではなく、少しでも優位性のある方向にだけトレードすればいいのでは?」


・・・・と。


残念ながら、これでは50点です。というか、テクニカルになっていませんか。アノマリーではありません。


試しに、パーフェクトオーダーの時だけエントリーしてTP8/SL80で自動決済するEAを作ってバックテストしてみればいいでしょう。


意外と、うまくいきません。


あ、EAを作成するには、ウェブ上で誰でも簡単に作れるツールがありますのでご利用ください。


  参考リンク:EA作成機という最高のオモチャ!外出自粛の今こそ遊び倒せ


 


当ブログの使い方


026.jpg



当ブログでは、これから週1~2回ぐらいのペースで、私のアノマリーに基づいてエントリーポイントを先出ししていこうと思います。


まあ、気になる方は試しにデモ口座ででもエントリーして確認してみてください。


私にとっては優位性はあっても、世間的には怪しい根拠なので、こうしてエントリーポイントを紹介しても、投資助言だと言わないでくださいね。


というか、仮に私が「毎年11月22日は陽線になる傾向が強いですよ」と発信したとしても、これって投資助言とは程遠いと思っています。信じるか信じないかは、あなた次第ですから。


先出しする理由は、改竄もできないし誤魔化しもきかないリアルな検証がしてもらえるからです。


1~2ヶ月もして信頼できる的中率だとわかってくれば、私の分析方法を知りたいと思ってくださる方も出てくるでしょうか。


手法の解説ページができるのを、お楽しみにお待ちください。




それではこれから、ご贔屓にどうぞ~。









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ようじ

Author:ようじ

Latest journals
Archives

全ての記事を表示する

Monthly archive
Category
カテゴリ:手法のまとめ
Check it!
Search form
Display RSS link.
Link