FC2ブログ

コロナ引きこもってる?新規顧客にボーナス3万円!USDHKDに全賭けだ!

あなたなら何に使う?コロナ相場だから貰えるトレード3万円分




コロナ相場で主要通貨が大荒れの昨今、トレードを控えているという方も多いのではないでしょうか?


もしかすると、もう既に損失を出してしまったとか。


あるいは、大もうけできそうなタイミングを虎視眈々と狙っている?


そのような非常事態相場の中、GEMFOREXがキャンペーンを出してくれました。なんと、新規口座開設するだけで30000円 or 300ドルのボーナスクレジット!(本日 〜 4月7日(火)まで)



campaign 20200325




自由にトレードできる30000円があれば、あなたはどんなトレードをしますか?


このボーナス自体は出金できない、トレードの証拠金としてのみ使えるお金(クレジット)です。


でもですよ、これで無茶な取引をして30000円以上の大損を出してしまったとしても、追加証拠金は発生しません。残高ゼロに戻るだけです。


にも関わらず、儲けたお金は出金できます!


これはもう、やらない理由がありませんね。


せっかくなので、一度エントリーしたら放置して待つだけの、低リスク高リターン手法をご紹介します。これは、今しかできないタイムリーな手法です。


また、後半ではボーナスクレジットの扱いの注意事項をご紹介致しますので、是非、最後までご一読ください。



gemforex banner

公式サイト




今はUSDHKDを全力買いするべき理由



さて。今だからできる低リスク高リターン手法というのは他でもなく、当サイトで解説している


USDHKD片張り手法


になります。


これは、USDHKDのスワップポイントがロングでもショートでもプラススワップに設定されているGEMFOREXだからこそ、安心して取り組める手法になっています。長期間ポジションを放置しても、スワップで利益を削られることがありませんから。


手法の詳細は、こちらの記事をご確認ください。


  関連過去記事:初心者でも勝率100%を目指せるUSDHKD片張り無裁量手法 



USDHKDは7.75000〜7.85000の間で推移する宿命にあります。これはそもそも1米ドルあたり7.8香港ドルと決められていたもの(ドルペッグ制といいます)が、上下500pipsの値幅変動を許されるようになったからです。



そして、タイミングの良いことに、今日現在のUSDHKDは極めて低水準にあります。


fc2blog_20200325030159cb5.jpg


いま買いポジションを持っておけば、あとは値が上がって利確指値に達するのを待つだけ、というなんとも簡単な手法です。


気をつけなければならないことは、値が下がっても損切りにならないだけの余裕を持っておくこと。


USDHKDの下限は7.75000で決められているとはいえ、GEMFOREXの過去チャートを見ると7.74635まで下げたことがあるようです。(2016年7月)


なので、もっと余裕をもって、7.74500、もしくは7.74000、いやできれば7.73000まで下ヒゲが伸びてきてもロスカットしないぐらいの余裕が望ましいです。


私の場合は、


USDHKD1ロットあたり1pipの値動きで損益が1.33〜1.35米ドル


として計算します。これは、デモ口座で取引して決めた近似値です。


これを日本円で幾らかということになると、、、その時の為替の状況次第となってくるので、できれば計算誤差を少なくするために口座を米ドル建てで開設しておくことをオススメします。


仮に、7.75500でエントリーして、7.84000で利確をする場合のロット数計算を記しておきましょう。



<計算例>

ボーナスクレジット: 300ドル

エントリー価格: 7.75500

利益確定価格:7.74000


このとき、売り注文で入れることができるロット数は?

また、利確のときの想定利益は?



損切りが7.74500とした場合

7.75500 ー 7.74500 = 100pips

300ドル ÷ (100 pips x 1.35ドル) = 2.22ロット

利益幅 = 7.84000 ー 7.75500 = 850pips
850pips x 2.22ロット x 1.35ドル = 2547ドル



損切りが7.74000とした場合

7.75500 ー 7.74000 = 150pips

300ドル ÷ (150 pips x 1.35ドル) = 1.48ロット

利益幅 = 7.84000 ー 7.75500 = 850pips
850pips x 1.48ロット x 1.35ドル = 1698ドル



損切りが7.73000とした場合

7.75500 ー 7.73000 = 250pips

300ドル ÷ (250 pips x 1.35ドル) = 0.88ロット

利益幅 = 7.84000 ー 7.75500 = 850pips
850pips x 0.88ロット x 1.35ドル = 1009ドル



はい、いかがでしょうか。300ドルの投資で、かなりの安全設定のロスカット7.73000まで耐えられるように0.88ロットのエントリーに抑えたとしても、天井圏で利確すれば1000ドル=約11万円の稼ぎになってしまいます。


元はタダで貰ったボーナスの300ドル。しかも、一度エントリーすれば利確する日まで、例え数ヶ月かかろうが、1年以上かかろうが、ただ放置しておくだけ。


さらに、上にも述べました通り、GEMFOREXなら買いポジションでも売りポジションでもスワップがプラスにつきます。今日のレートで、1ロットあたりのロングスワップが0.1香港ドル/日と微々たるものですが、他のFXブローカーのようにマイナススワップで日々利益が削られるよりは余程マシ、というか利子が貯まるようなお得な感じさえありますよね。


ここまでの解説を聞いてもまだ手を出さないのであれば、よほど欲がない方なのでしょう。せっかくの千載一遇の案件なのに、残念です。


素直にこの案件に魅力を感じてくださった方は、更に成功を確かなものにするため、ボーナスクレジットの取り扱い注意点などを下記にてご一読ください。


017-2.jpg



GEMFOREXのボーナスクレジットについて



GEMFOREXでは豊富なボーナスキャンペーンを随時行っています。


今回のキャンペーンは『新規口座開設キャンペーン』のグレート版。3万円ももらえるなんて、年に1〜2回あるかどうかの大チャンスです。


GEMFOREXのボーナスの種類に関しては、こちらの記事をご参考ください。


  関連過去記事:もらっとかないと損!GEMFOREXのボーナスキャンペーンは4種類もある 



ボーナスを活用するための諸注意


1.ボーナスは出金できないが稼いだお金は出金できる


上記でもらったボーナスクレジットは、これ自体は出金できませんがトレードのための証拠金として数えることができます。


そして、そのトレードから出た利益は出金可能なあなたのお金になります。


更にいうと、その後のトレードで損失が出た場合、ボーナスクレジットより先に出金可能な口座残高の方から消費されていきます。


まあこれは、仕方がないですね。




2.出金すると消失する。容赦なく、消失する。


口座から一部でも出金すると、保有しているボーナスクレジットは全て消失してしまいます。


消失するのは、その口座のボーナスクレジットだけではありません。同一名義のアカウントで保有している全ての口座が対象です。


仮に、ポジションを保有している口座だったとしても、その口座で証拠金として使っているボーナスクレジットも消えてなくなります。


私自身にそのような経験があるわけではありませんが、カスタマーサポートからそう回答を受けました。


ですので、出金する場合にはお手持ちの全ての口座のポジション状況、ボーナスクレジット状況をよく確認しておきましょう。


『100%入金ボーナス』や『他社から乗り換えキャンペーン』などで大きなボーナスクレジットを保有する場合には、特によく気をつけておいてくださいね。





3. ノースプレッド口座へ資金移動も出金と見なされる


GEMFOREXのFX口座は、


オールインワン口座

ノースプレッド口座


のふたつがあります。


ボーナス対象口座はこのうち『オールインワン口座』のみです。


気をつけなければいけないのは、この『オールインワン口座』から『ノースプレッド口座』へ資金移動した場合も、出金したと見なされてボーナスクレジットが消失してしまうということです。


昨今では、新しい口座タイプで


レバレッジ5000倍口座(300口座限定)


という口座もありますが、こちらもボーナス対象外とあるので、まず間違いなく上記の『ノースプレッド口座』と同じ扱いになるでしょう。レバレッジ5000倍口座への資金移動もきっと出金扱いです。気をつけましょう。




4. ボーナスクレジットが底をついて、それ以上の損失が出たら


ボーナスクレジットは証拠金として利用できますので、口座残高がゼロでもボーナスクレジットが残っていればトレードを続けることは可能です。


そこから利益を盛り返せばよし、また使い果たしてしまった場合は、、、仮に経済ショックなどで保有証拠金より大きな金額の損失を出してしまったら、、、大丈夫です。GEMFOREXは『ゼロカットシステム』を採用していますので、マイナス分は借金になったりせず、ゼロに戻してくれます。


ありがたいですね。


これなら、安心してトレードに取り組めます。




5. 確実に「ボーナス対象口座」を獲得するために


最後に、確実に「ボーナス対象口座」を獲得するための手引きを添えておきます。


え、せっかく開いた口座がボーナス対象外になることがあるの?・・・そう思われた方、はい、あります。


ひとつは、「オールインワン口座」でない口座タイプを選んだ場合です。


GEMFOREXのボーナスを貰うためには、「オールインワン口座」で口座開設をしましょう。


ボーナス対象外になってしまう原因のもうひとつ、それはある特定のウェブサイト(キャッシュバックサイト)を経由してGEMFOREXの口座を開設した場合です。


ほとんどの方は無意識にそのような事態にはならないと思いますが、もしもご心配な方は下のリンクをご利用ください。


  >> GEMFOREX 口座開設ページ (公式)


このリンクからGEMFOREX口座開設へ進んで「オールインワン口座」を開設していただければ、ボーナスの対象になります。


もしもそれでもボーナス対象外になってしまった場合は、カスタマーサポートに連絡して上のリンクのURLを提示してみてください。きっと、修正してくれます。



まとめ


・ GEMFOREXの新規入会キャンペーンが期間限定で3万円ももらえる!


・ USDHKDが底値圏で買いの絶好のチャンス !適正ロットで低リスク高リターンかつ放置トレードが可能


・ 確実にボーナス対象口座を開くこと。また、ボーナスクレジットが消失する条件には気をつける


スポンサーサイト



残念なお知らせ。GEMFOREX両建てスワップ手法は終了!


先日の更新で、この頃のGEMFOREXの様子がおかしいと書きました。


  関連過去記事:何が起きてるGEMFOREX?両建て手法はしばらく様子見。


スプレッドの開き方が異常になっているようだから、しばらく両建ての新たなエントリーは控えましょう、というお話でした。


それから週末も終わり、月曜日から今週の相場が始まりました。


米国株式市場で急落からの「サーキットブレーカー」が発動したのが日本の9日(月)夜。その翌朝の10日(火)朝の7時頃、その悲劇は起こりました。


なんと、両建てポジション保有中のEURUSDのスプレッドが、想像以上に膨らんで、全ポジ強制ロスカット!


これはイタい!


元々、過去10ヶ月間におけるEURUSDの最大スプレッドは8.4pips。


対して私の持ち玉は最大15pipsまでスプレッド耐性を持たせた資金管理。


そして、、、ロスカットを食らった瞬間のスプレッドは、まさかの『20.5』pips!!


EURUSDの両建てでコツコツと稼いだスワップポイントも、


途中、USDHKDで稼いだキャピタルゲインも、


そして投資元本の600ドルとそのボーナスクレジットも、、、、


全て消えてしまいました〜〜、、、。。。


fc2blog_20200311022447c4c.jpg


残高はマイナス約500ドル。


これが借金に?? いや、負債にはなりません。


これは、GEMFOREXのゼロカットシステムのおかげで、一瞬でゼロに戻してくれました。スッカラカン。これは海外FXのありがたいところ。




この強制ロスカットからの教訓


01.jpg


いや〜、スプレッド耐性は多めに見積もっての取り組みだったつもりですが、負けてしまいました。


見込みが甘かったとは、思いません。


コロナのせい、といえばそうなのかもしれませんが、こういう相場は何年かに一度はくるものだという前提は織り込み済みです。


コロナ相場が落ち着いてから、また時機を見計らってエントリーをやり直せば、いずれは今回の負け分(600ドル)も取り返した上でプラス収支になる日は必ず来ます。


・・・GEMFOREXの双方向プラススワップが継続されていれば。


そうです。全てはGEMFOREXという天のお恵み次第。


そして今回の教訓では、GEMFOREXはこうして相場が荒れているときに乗じて、ストップ狩りで荒稼ぎするがごとく、主要通貨ペアだけ?スプレッドが異常事態になるということがわかりました。


あるいは、それはGEMFOREXの悪質な意図がないのだとしても、ショック相場での脆弱性が見て取れたということになります。


このような事態は、今回のコロナ相場が落ち着くまで、そしてその後も経済ショックがある時には、たびたび起こる可能性があると見ておくべきでしょう。


経済が一定方向に落ち着くまでは、いまは両建てスワップにも手を出せません。




今後はどうする


034.jpg


というわけで、昨年5月から期待を込めて実践してきたこのGEMFOREX両建てスワップ手法も、無期限休暇です。


毎日スワップポイントを確認し、記録し続けてきた当ブログも、お役御免ということになります。


いや、USDHKDの片張り手法はまだまだ健在ですし、ポジションもそれなりに保有中なわけですが、まあ、こちらは当ブログのまとめ記事等、既出の関連記事で事足りるシンプルな手法ですし、毎日のスワポ監視もさほど重要ではないので、当ブログが消えてなくなっても読者様へのご迷惑にはならないでしょう。


もっとも、このブログ自体を解約して消去してしまうのももったいないですから、いずれ別のテーマでブログ再開の折りには、この同じプラットフォームを継続使用することでしょう。


その時には、またご贔屓に、ご愛読いただけましたら幸いでございます。


それでは、突然のご挨拶になってしまいまして恐縮ですが、ごきげんよう。


皆様の幸運と勝利を祈ります。


ありがとうございました。



033.jpg




campaign 20200311









20200310 スワップポイント





































今日のスワップ 確認時間(日本時間):令和二年3月10日午前4時頃

通貨ペア



スワップロング



スワップショート



備考



EURUSD



+0.247



+0.253





USDJPY



+0.213



+0.287





USDZAR



-6.72



+1.14



2019.12.09に更新


2019.12.16に更新




USDHKD



+0.10



+0.30



2020.01.29に更新





本日はスワップポイントの記録のみの更新です。




GEMFOREX両建てスワップ手法のまとめは「手法のまとめ」というカテゴリにまとめています。是非ご覧下さい。(オススメ)

>> 手法のまとめ の記事一覧を見る



これまでの実践知識/記録は、「記録と雑記帳」というカテゴリに分類しています。


>> 記録と雑記帳 の記事一覧を見る



ブログの仕様上、上記のカテゴリ別での表示はタイトルのみの一覧が出ません。全ての記事のカテゴリとタイトルのみの一覧はコチラになります。

>> 全ての記事を表示する

何が起きてるGEMFOREX?両建て手法はしばらく様子見。


当ブログでGEMFOREXの両建てスワップ手法を実践し、検証しだして約10ヶ月。


いま、GEMFOREXでこれまで(ここ10ヶ月)にない変化が起きています。


これは今後の展開によっては、両建てスワップ手法の安全資金を見直さなければならないことになるかもしれません。


いや、もしも万が一、GEMFOREXの方針転換で両建てスワップ手法が使えなくなったら、、、、


とりあえず。


いま起きていることを以下に確認しておきましょう。




マイナーチェンジ:両建て通貨ペアのスワップポイント更新


019.jpg


過去記事でも何度かお伝えしましたが、当ブログ推奨の両建てスワップポイント手法で使われる通貨ペア、つまり「買いでも売りでもプラススワップになる特殊な通貨ペア」が、ここ数ヶ月でスワップポイントの更新を受けています。


12月に双方向プラススワップでなくなったUSDZAR、そして双方向プラススワップは維持しながらも1月末にだいぶ低いスワップポイントに設定し直されたUSDHKDです。


これらも変化ではありますが、GEMFOREXが営業戦略を変更したといえるほどのものではありませんでしたので、まあ、問題視はしていませんでした。


 関連過去記事:USDHKDのスワップポイントが変更。手法への影響は?


ただ、USDHKDの変化については、GEMFOREXの収支改善を見込んでいる節がありました。


この機微は、もしかすると見逃してはいけない何かの「予兆」だったのかもしれません。




クリティカルチェンジ:スプレッドの拡大


017.jpg


USDHKDのスワップポイントが変更されたのと時を同じくして、メジャー通貨ペアであるEURUSD と USDJPY のスプレッドが徐々に拡大していきました。


元々は、それら両通貨ペアのスプレッドは平常時1.2pipsと、海外FXの中では優秀な狭さでした。


それが、1月の末から毎週のように0.1pipずつ大きくなっていき、最大で1.6pipsまで膨らみました。


その後、何を思ってか、また減らして、今は平常時1.5pips。


(「平常時」としているのは、GEMFOREXのスプレッドは平常時間帯には固定されているように微動だにしないからです。早朝や指標発表時等には揺れ動き出します)


平常時のスプレッドが大きくなってしまったこと自体は、まあ、許せます。


時間差ゼロで両建てをしたときからの、含み損をスワップ収入がペイするまでの日数が多少延長されるだけだからです。


問題は、早朝や指標発表時などに現れる荒れたスプレッド変動です。


当ブログでは、土曜日早朝のスプレッドを毎週末に継続記録しています。


 参照:スプレッドの記録(ブログ内記事検索結果ページ)


先週末、3月1日更新の記録(2月29日の早朝に固まったスプレッド)は、異常がありませんでした。


それまで10ヶ月間の記録の中での、最高値を更新することはなかった、という意味です。


観察してきた限りでは、それぞれの通貨ペアのスプレッドの最高値は決まっているようでした。


それは、つまり次のように。


EURUSD スプレッド上限:8.4pips

USDJPY スプレッド上限: 8.8pips

USDHKD スプレッド上限: 15.0pips

USDZAR スプレッド上限: 60.0pips


この10ヶ月間、何度もこの上限値(と思われる)に達しながらも、決してこれを超えることがありませんでした。


それが、今週末は異変が起きています。


今コレを書いている現在のMT4に表れているスプレッドは、


EURUSD スプレッド: 6.5pips

USDJPY スプレッド: 15.6pips

USDHKD スプレッド:45.0pips

USDZAR スプレッド:60.0pips


fc2blog_20200308014208843.jpg


ちょっと、どうしましょう。USDJPYとUSDHKDが、異常です、、、。


当ブログで推奨している資金管理では、


EURUSD/USDJPY :15pipsまでスプレッドが膨らんでも耐えられる計算

USDHKD : 底値理論値7.75000より50pips下方の7.74500まで耐えられる計算


・・・でやっていますので、今週末のスプレッド具合を見ると、割りとギリギリの線を捉えてしまったということになります。


いや、まあ、私の保有しているポジションはUSDJPYでなくEURUSDですし、これまでの含み益があるぶんマージンにも余裕があるわけですが、昨日今日エントリーを始めた方にはちょっと辛い、ギリギリ耐えたか切られたか、というレベルです。


USDJPYだけでなく、EURUSDも同じスプレッド拡大振れ幅があるかもしれません。


USDHKDについては、これまで早朝や指標発表に関係なくスプレッド15.0pips固定だったので、今回のスプレッド45.0pipsは、かなりのショックといわざるをえません。


いったい何があった、GEMFOREX??





GEMFOREXスワップ手法は当面、エントリーは控えてください


038.jpg


ちょっと今は、GEMFOREXの動向を見定めるまでは、新たにエントリーするのは控えた方がよさそうです。


今後、見極めたいのは、次の3点。


1.各通貨ペアのスプレッドは最大でどこまで拡大するのか

2.スプレッドは、平常時固定のままか。それとも揺れ動くようになるのか

3.そもそもGEMFOREXは双方向プラススワップの措置を継続するのか


これらが何となく見えてくるまで、少なくとも今後1ヶ月ぐらいは様子見に徹底した方がよいでしょう。


もしもそれでもエントリーをしようという強者は、当ブログで推奨しているロット数よりも数量を落として、より安全にトレードしてくださいね。




参考リンク


<暴落相場も関係ない ー EURUSD両建て手法まとめ>


100万円でスワップ収入月収10万円弱を達成できる件


GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード準備編


GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード開始編


GEMFOREX両建てスワップの利益確定の仕方




<一攫千金も夢じゃない ー USDHKD片張り手法まとめ>


初心者でも勝率100%を目指せるUSDHKD片張り無裁量手法


USDHKDは今が買い時。私のポジションと買い方を公開




<無裁量フェチのオススメ>

038.jpg



20200308 スプレッドの記録









































週末の拡大スプレッドの記録




確認時間(日本時間):令和二年3月08日(日)

通貨ペア



上記週末のスプレッド



令和元年5月以後の最大スプレッド



備考



EURUSD



65



84





USDJPY



156



156



令一5/1~最大88。令二3/7に最大スプレッド更新



USDZAR



600



600





USDHKD



450



450



令一5/1~最大150。令二3/7に最大スプレッド更新


 () 確認できたもののみ記録。指標発表などで広がるスプレッドは確認していません。


両建てのロット数を決めるときの参考にしてください。





  関連過去記事:知らないと破産の可能性大!スワップトレードにおけるスプレッドの直接的な関係性




















GEMFOREX両建てスワップ手法のまとめは「手法のまとめ」というカテゴリにまとめています。是非ご覧下さい。





これまでの実践知識/記録は、「記録と雑記帳」というカテゴリに分類しています。






ブログの仕様上、上記のカテゴリ別での表示はタイトルのみの一覧が出ません。全ての記事のカテゴリとタイトルのみの一覧はコチラになります。


20200307 スワップポイント





































今日のスワップ 確認時間(日本時間):令和二年3月7日午前6時頃

通貨ペア



スワップロング



スワップショート



備考



EURUSD



+0.247



+0.253





USDJPY



+0.213



+0.287





USDZAR



-6.72



+1.14



2019.12.09に更新


2019.12.16に更新




USDHKD



+0.10



+0.30



2020.01.29に更新





本日はスワップポイントの記録のみの更新です。




GEMFOREX両建てスワップ手法のまとめは「手法のまとめ」というカテゴリにまとめています。是非ご覧下さい。(オススメ)

>> 手法のまとめ の記事一覧を見る



これまでの実践知識/記録は、「記録と雑記帳」というカテゴリに分類しています。


>> 記録と雑記帳 の記事一覧を見る



ブログの仕様上、上記のカテゴリ別での表示はタイトルのみの一覧が出ません。全ての記事のカテゴリとタイトルのみの一覧はコチラになります。

>> 全ての記事を表示する

コロナで含み損?GEMから救済のチャンス!暴落無関係手法も試して


先週にはコロナウイルスなどの影響で米国株式も日経も8%とか10%とか大暴落したといわれていますね。


当サイトのGEMFOREXのスワップ戦略は買いも売りも同価格の両建てなので、市場の変化は蚊ほどの影響もありませんが、もしかすると世間には大きな損失を被ってしまった方も多いのではないでしょうか。


すでにロスカットをしてしまった方は残念ですが、まだ含み損として抱えている方はもしかすると救済されるかもしれません。


GEMFOREXの『他社から乗り換えキャンペーン』というものをご存知でしょうか?


他のFXブローカーからGEMFOREXに乗り換えようというとき、元の(現在お手持ちの)他社のFX口座がポジションゼロであれば何の問題もありませんが、もしもポジション保有中であればそれを決済しなければいけないことになりますよね。


その決済のために、損切りを余儀なくされるかもしれません。


その損切りは、すなわちGEMFOREXに乗り換えをするための損切りですよね。


これを、GEMFOREXが肩代わりしましょうというのがつまり『他社から乗り換えキャンペーン』になります。


詳しくは、コチラの公式ページをご確認ください。


 >> 他社から乗り換えキャンペーン(GEMFOREX)



ぶっちゃけ、GEMFOREXはどれぐらいの損失分までを補填してくれるのか、審査はどうゆう基準なのか、詳しいことは何も明らかにされていません。


何も分からないですが、まさか1〜2万円ぐらいしか補填を認めないつもりなのであれば、ユーザーにとって大した興味にもならず、わざわざ使い慣れたFXブローカーからGEMFOREXに乗り換えるメリットも薄いでしょう。ですのでGEMFOREXも、ある程度の枠は用意していると考えます。


というわけで、GEMFOREXのカスタマーサポートに審査を依頼することは無料ですから、ご興味ある方は挑戦してみない理由がありません。


むしろ、このような救済措置が必要とされている人なのであれば、問い合わせすらしないことは更なる損失です。


今すぐ、公式ページから詳細を確認して検討してみてください。


account transfer campaign



損失補填された後の注意


もしも運良くGEMFOREXへの乗り換えが認められれば、現在の含み損をまた証拠金として利用することができるようになります。


これは現金で補填されるわけではもちろんなく、GEMFOREXの口座に「ボーナスクレジット」として供給されるわけです。


この「ボーナスクレジット」の取り扱いについて、いくつかあらかじめ知っておかなければいけないことがありますので、ここで確認しておいてください。


トレードの補助として受け取る未入金ボーナスや100%入金ボーナスなどでもらうボーナスと全く同じ扱いになりますので、それらのボーナスの特性についてご存知ない方も、ここでしっかり理解しておきましょう。



1.ボーナスは出金できないが稼いだお金は出金できる


上記でもらったボーナスクレジットは、これ自体は出金できませんがトレードのための証拠金として数えることができます。


そして、そのトレードから出た利益は出金可能なあなたの利益になります。


更にいうと、その後のトレードで損失が出た場合、ボーナスクレジットより先に出金可能な口座残高の方から消費されていきます。


まあこれは、仕方がないですね。




2.出金すると消失する。容赦なく、消失する。


口座から一部でも出金すると、保有しているボーナスクレジットは全て消失してしまいます。


消失するのは、その口座のボーナスクレジットだけではありません。同一名義のアカウントで保有している全ての口座が対象です。


仮に、ポジションを保有している口座だったとしても、その口座で証拠金として使っているボーナスクレジットは消えてなくなります。


私自身にそのような経験があるわけではありませんが、カスタマーサポートからそう回答を受けました。


ですので、出金する場合にはお手持ちの全ての口座のポジション状況、ボーナスクレジット状況をよく確認しておきましょう。


『100%入金ボーナス』や『他社から乗り換えキャンペーン』などで大きなボーナスクレジットを保有する場合には、特によく気をつけておいてくださいね。





3. ノースプレッド口座へ資金移動も出金と見なされる


GEMFOREXのFX口座は、


オールインワン口座

ノースプレッド口座


のふたつがあります。


ボーナス対象口座はこのうち『オールインワン口座』のみです。


気をつけなければいけないのは、この『オールインワン口座』から『ノースプレッド口座』へ資金移動した場合も、出金したと見なされてボーナスクレジットが消失してしまうということです。


昨今では、新しい口座タイプで


レバレッジ5000倍口座(300口座限定)


という口座もありますが、こちらもボーナス対象外とあるので、まず間違いなく上記の『ノースプレッド口座』と同じ扱いになるでしょう。レバレッジ5000倍口座への資金移動もきっと出金扱いです。


account comparison<< 口座比較/クリックで拡大



4. ボーナスクレジットが底をついて、それ以上の損失が出たら


ボーナスクレジットは証拠金として利用できますので、口座残高がゼロでもボーナスクレジットが残っていればトレードを続けることは可能です。


そこから利益を盛り返せばよし、また使い果たしてしまった場合は、、、仮に経済ショックなどで保有証拠金より大きな金額の損失を出してしまったら、、、大丈夫です。GEMFOREXは『ゼロカットシステム』を採用していますので、マイナス分は借金になったりせず、ゼロに戻してくれます。


ありがたいですね。


これなら、安心してトレードに取り組めます。




せっかく取り戻した証拠金を有効に使うために


他社で抱えていた含み損を運良くGEMFOREXに補填してもらうことができた方、おめでとうございます。


できれば、せっかく取り戻した証拠金は、より安全な手法に投資しませんか?


当ブログで解説しているGEMFOREX スワップ手法であれば、利子の良い貯金のような感覚で投資できます。


仮に運悪く損失が出たとしても、きちっと限定することができます。


詳細は下の記事にまとめていますので、よろしければご一読ください。



<暴落相場も関係ない ー EURUSD両建て手法>


 100万円でスワップ収入月収10万円弱を達成できる件


 GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード準備編


 GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード開始編


 GEMFOREX両建てスワップの利益確定の仕方




<一攫千金も夢じゃない ー USDHKD片張り手法>


 初心者でも勝率100%を目指せるUSDHKD片張り無裁量手法


 USDHKDは今が買い時。私のポジションと買い方を公開


※ USDHKDはまだ底値圏の近くにありますので、仕込み(買いポジション)を入れるチャンスは絶賛継続中ですよ〜 (2020年3月5日 現在)


fc2blog_202003060339294c2.jpg








account transfer campaign 2gemforex 6th year




20200306 スワップポイント





































今日のスワップ 確認時間(日本時間):令和二年3月6日午前4時頃

通貨ペア



スワップロング



スワップショート



備考



EURUSD



+0.247



+0.253





USDJPY



+0.213



+0.287





USDZAR



-6.72



+1.14



2019.12.09に更新


2019.12.16に更新




USDHKD



+0.10



+0.30



2020.01.29に更新





本日はスワップポイントの記録のみの更新です。




GEMFOREX両建てスワップ手法のまとめは「手法のまとめ」というカテゴリにまとめています。是非ご覧下さい。(オススメ)

>> 手法のまとめ の記事一覧を見る



これまでの実践知識/記録は、「記録と雑記帳」というカテゴリに分類しています。


>> 記録と雑記帳 の記事一覧を見る



ブログの仕様上、上記のカテゴリ別での表示はタイトルのみの一覧が出ません。全ての記事のカテゴリとタイトルのみの一覧はコチラになります。

>> 全ての記事を表示する

20200305 スワップポイント





































今日のスワップ 確認時間(日本時間):令和二年3月5日午前4時頃

通貨ペア



スワップロング



スワップショート



備考



EURUSD



+0.247



+0.253





USDJPY



+0.213



+0.287





USDZAR



-6.72



+1.14



2019.12.09に更新


2019.12.16に更新




USDHKD



+0.10



+0.30



2020.01.29に更新





本日はスワップポイントの記録のみの更新です。




GEMFOREX両建てスワップ手法のまとめは「手法のまとめ」というカテゴリにまとめています。是非ご覧下さい。(オススメ)

>> 手法のまとめ の記事一覧を見る



これまでの実践知識/記録は、「記録と雑記帳」というカテゴリに分類しています。


>> 記録と雑記帳 の記事一覧を見る



ブログの仕様上、上記のカテゴリ別での表示はタイトルのみの一覧が出ません。全ての記事のカテゴリとタイトルのみの一覧はコチラになります。

>> 全ての記事を表示する

20200304 スワップポイント





































今日のスワップ 確認時間(日本時間):令和二年3月4日午前6時頃

通貨ペア



スワップロング



スワップショート



備考



EURUSD



+0.247



+0.253





USDJPY



+0.213



+0.287





USDZAR



-6.72



+1.14



2019.12.09に更新


2019.12.16に更新




USDHKD



+0.10



+0.30



2020.01.29に更新





本日はスワップポイントの記録のみの更新です。




GEMFOREX両建てスワップ手法のまとめは「手法のまとめ」というカテゴリにまとめています。是非ご覧下さい。(オススメ)

>> 手法のまとめ の記事一覧を見る



これまでの実践知識/記録は、「記録と雑記帳」というカテゴリに分類しています。


>> 記録と雑記帳 の記事一覧を見る



ブログの仕様上、上記のカテゴリ別での表示はタイトルのみの一覧が出ません。全ての記事のカテゴリとタイトルのみの一覧はコチラになります。

>> 全ての記事を表示する
Profile

ようじ

Author:ようじ

Latest journals
Archives

全ての記事を表示する

Monthly archive
Category
カテゴリ:手法のまとめ
Check it!
Search form
Display RSS link.
Link