FC2ブログ

ブログタイトル変更しました。これからはアノマリーでともに稼ぎましょう

growing money every candle



皆様こんにちは。


当ブログはこれまで『香港ドル一攫千金ブログ』と題して活動していましたが、ロジックの要としていたGEMFOREX 香港ドル の取り扱いを停止したことで、『香港ドル一攫千金ブログ』も打ち切りとなりました。


  関連記事(2020年7月28日):ブログタイトルを変更します:香港ドル一攫千金ブログ


  関連記事(2020年10月10日):USDHKD片張り手法終了のお知らせ。香港ドルの信用は壊れた



実はそれ以前にはまた別のテーマで記事を書いていたのですが、一貫していることはFXが下手でもできる「無裁量」な手法が好きだということです。


そういうわけでこれからは、新テーマで更新していきたいと思います。


新しいブログタイトルは(既にサイトトップに表示されていますが)


  『必勝アノマリーFX!みんなで稼ごうブログ


とします。




アノマリーFXとは


022.jpg


アノマリーという言葉の意味をざっくりいうと、


 「根拠があるのかないのかわからないけど、なぜかそうなる」


というようなことになります。


FXでいえば、


 テレビでジブリ映画が放映されると相場が荒れる、 とか


 アメリカ大統領選の年はドルが買われやすくなる、


などが有名なアノマリーですかね。


それだけ聞くと「え、なんで?」となりそうですが、調べてみるとそれっぽい理由があったりします。


では、もしも、誰かがこういったとします。


「毎週月曜日の朝一番に買いを入れておけば、とりあえず勝てるらしいよ」



これはアノマリーでしょうか、アノマリーではないでしょうか。


この発言に根拠があればアノマリー?


それとも、根拠はなくても実際にその傾向が確認されたらアノマリー?


私がいま稼いでいるのは、そんな「アノマリー的」な方法です。




俺的アノマリーFX手法


09.jpg



私のアノマリーは、言い方を変えれば


テクニカルでもファンダメンタルでもない別の分析方法


と言ってもいいかもしれません。


手法のイメージとしては次のような感じです。


例えば、


 利確8pips、損切り80pips


とだけ決めてランダムにトレードすれば、だいたいは勝てるでしょうがたまに負けますね。


勝率は、普通に考えれば平均で90%に落ち着くはず。


ただ、これではスプレッド分だけ不利になるし、スワップで利益が削られることもあり、トータルではマイナスになります。


ならばこれを、勝率90%より高い見込みでトレードできるようにすれば、どうでしょうか。


はい、そうです。儲かります。


10回勝って1回負けるペースでは儲かりませんが、11回勝って1回負けるぐらいなら、儲かるのです。


私の実際の戦績としては、


 10月は44戦40勝4敗


・・・と振るいませんでしたが、負けトレードが続いた反省点を見い出すことができたことと、もっとエントリーを増やせるようになって、


11月は今のところ


37戦36勝1敗


ということになっています。(11月16日正午ごろ時点)


0-13.png



この分析方法については、そのうち解説ページを作りますね。商売ではないのでこれをお伝えするのはもちろん無料ですが、軽い条件は付けさせていただくかもしれません。



他のトレーダーさんがシェアしているような、華々しい稼ぎ方ができる手法ではありません。その代わり、誰でも実践できる再現性の高さと、相場環境もテクニカルも排除した無裁量手法なので初心者も玄人も関係ない手法になっております。


もしかすると、勘の良い方は、答えに半分たどり着いているかもしれませんね。


「ランダムではなく、少しでも優位性のある方向にだけトレードすればいいのでは?」


・・・・と。


残念ながら、これでは50点です。というか、テクニカルになっていませんか。アノマリーではありません。


試しに、パーフェクトオーダーの時だけエントリーしてTP8/SL80で自動決済するEAを作ってバックテストしてみればいいでしょう。


意外と、うまくいきません。


あ、EAを作成するには、ウェブ上で誰でも簡単に作れるツールがありますのでご利用ください。


  参考リンク:EA作成機という最高のオモチャ!外出自粛の今こそ遊び倒せ


 


当ブログの使い方


026.jpg



当ブログでは、これから週1~2回ぐらいのペースで、私のアノマリーに基づいてエントリーポイントを先出ししていこうと思います。


まあ、気になる方は試しにデモ口座ででもエントリーして確認してみてください。


私にとっては優位性はあっても、世間的には怪しい根拠なので、こうしてエントリーポイントを紹介しても、投資助言だと言わないでくださいね。


というか、仮に私が「毎年11月22日は陽線になる傾向が強いですよ」と発信したとしても、これって投資助言とは程遠いと思っています。信じるか信じないかは、あなた次第ですから。


先出しする理由は、改竄もできないし誤魔化しもきかないリアルな検証がしてもらえるからです。


1~2ヶ月もして信頼できる的中率だとわかってくれば、私の分析方法を知りたいと思ってくださる方も出てくるでしょうか。


手法の解説ページができるのを、お楽しみにお待ちください。




それではこれから、ご贔屓にどうぞ~。









スポンサーサイト



USDHKD片張り手法終了のお知らせ。香港ドルの信用は壊れた

komatta.jpg




本日は、残念なお知らせです。


当ブログでオススメしていた、香港ドルの米ドルペッグ制を利用した超高勝率手法が、使えなくなりました。


  関連記事:初心者でも勝率100%を目指せるUSDHKD片張り無裁量手法


上記の記事で解説しているUSDHKDの固定レンジ逆張り手法、これはGEMFOREX を利用することにより、


 ・ 他のブローカーより有利なスワップポイント

 ・ 他のブローカーより安全なスプレッド


を前提にして、高勝率かつそれなりの利益を実現していました。


現在の相場はレンジの大底辺にあるので、いま買いポジションを入れて待っていればいずれ上がるしかない運命。マイナススワップにより口座残高のショートと、またスプレッドに負けない資金管理に気をつけていれば、(ほぼ)100%勝てるはずでした。


できるだけ相場の動き出しそうな時期をファンダメンタルから観察してみようというのが、当ブログ「香港ドル一攫千金ブログ」の目的として、ココ2ヶ月半ほど積極的に更新を続けてきました。


  関連記事:香港ドルの暴落近し?米国の香港制裁と中国の経済をワッチせよ



この手法の解説(冒頭のリンク)を読んでいただければ、それでも負けるのならば余程、相場の神様に愛されていないのだなあ、と感じることができると思うのですが、、、


結局、この手法の終焉を迎えた理由は・・・、


 『GEMFOREX が香港ドルの取り扱いを停止したから』


ということになってしまいました。



↓ ↓ ↓

GEMFOREX stop USDHKD


  参考リンク:HKD取り扱い停止のご案内(GEMFOREX 公式)



なんじゃそりゃ、、


香港ドルの動向(不安要素)を監視していたはずが、結局、情勢の不安が過ぎることによって裏をかかれてしまいました。おそらくは、香港政府の問題というより、中国の全体的な不穏な材料の方が大きかったのではと思います。


まさか、こんな終わり方をするなんて、、。


GEMFOREX は香港ドルの取り扱いを停止しましたが、他のブローカーは継続して相場を提供しています。


しかし、やはりGEMFOREX以外のブローカーで同じことをするには不安が残ります。


相場が変化するタイミングを間違えずに捉えてエントリーしなければ、ポジション保有するだけでマイナススワップの含み損が日々大きく膨らんでしまうリスク。


そして、スプレッドの広がりを甘く見ているとあっとゆう間に損切りされてしまうリスク。


これらを考えると、エントリーするロット数を小さめに抑えなければならず、「一攫千金」とはいえないレベルになってしまいます。


以上の理由から、当ブログ「香港ドル一攫千金ブログ」はこれにてお役御免とさせていただくことになりました。


これまでご愛読していただいた皆様、誠にありがとうございました。


もしも今後も香港ドルの当手法を続けられるのであれば、Land-FX のご利用をオススメします。LPボーナス口座で100%入金ボーナスがもらえますので、これで少しでもリスクを抑えてください。


いつ入金してももらえるボーナスですので、「そろそろ動きそうだ」という時期になってから入金してもいいでしょう。



landfx logo


  参考リンク:Land-FXレビュー。秘密のBonus x CBコンボも暴露!(FXでみんなタシデレ)





当ブログの今後について



香港ドル監視という理由もなくこれまでのような記事を書き続けていると、私自身が「香港国家安全法」の取り締まりに遭いかねませんので、ここで一度、筆を置きます。(いや、理由があって書いていてもそのヤバさは関係ありませんけど)



つきましては、このブログの骨組みはそのままに、ブログタイトルを変更して別のテーマで引き続き投稿を続けるつもりです。



今のところ濃厚なのは、好調な自作EAの無料配布をしていくブログとか?・・・を考えています。


というわけで、また準備ができ次第、投稿を再開します。


どうぞ、ご期待ください。


これまでのご愛読に、またご訪問していただいた皆様に、心より感謝申し上げます。




ブログタイトルを変更します:香港ドル一攫千金ブログ


皆様こんにちは。


当ブログ:(旧名)GEMFOREXのスワップポイントは儲かるのか実践してみた(仮) にご訪問いただきまして、ありがとうございます。


昨年5月からGEMFOREX の両建てスワップで儲かるかどうか実践してみて、今年3月に破局を迎えて以来、このブログの存在意義も宙ぶらりんになっていました。


そこまでの経緯については、3月のこちらの関連記事をご確認ください。


  関連記事:残念なお知らせ。GEMFOREX両建てスワップ手法は終了! 



というわけで、今後は、いま私が最も注目している


 USDHKD(米ドル vs 香港ドル)

USDHKD flags



にスポットを当てて、情報共有の記事をお送りしていくことになりました。


これに合わせ、ブログタイトルを変更致します。


本日2020年7月28日を持ちまして、ブログタイトルは


 『香港ドル一攫千金ブログ』


に改めます。


本日以前の記事をご覧になって、なんかタイトルと内容が合わないな、という誤解を招くことのないよう、よろしくお願いいたします。




021.jpg



なぜ、いま、香港ドルが熱いのか



まず大前提として、香港ドルは米ドルとのペッグ制が採用されており、また若干の変動幅を許しているために、USDHKDの値幅は次の範囲に収まることになっています。


 USDHKD値幅 : 7.75000 〜 7.85000


これはテクニカルでもファンダメンタルでもなく、香港政府の決めごとです。香港がこれまでの香港である限り、USDHKDのレートはこのレンジの中で動くことになるということです。



そして今のUSDHKDの価格はどこにあるかというと、、、


USDHKD20200725.png



3月から大底の7.75000の近辺を這い続けています。


これを見て分かる通り、USDHKDはここからは上昇するしかありません。


特殊な通貨ペアですから、さすがに今の状態からの上昇のタイミングはテクニカルでは計れません。ニュースを見て、ファンダメンタルズが熟せば上昇を開始することになります。


当ブログの使命は、そのような「USDHKDの動き出し」に関わりそうなニュース等を皆様に共有していくことだと心得ております。


USDHKDのエントリー手法については、過去記事:初心者でも勝率100%を目指せるUSDHKD片張り無裁量手法 をご参考になさってください。


USDHKDの トレードにはGEMFOREX が最適だという認識は今も変わりませんので、今後も引用するチャートは GEMFOREX のものを使用いたします。


GEMFOREX.png



国際ニュースを見渡せば、つい先日まで「香港国家安全法」が話題になり、それが引き金となるように中国と欧米諸国のキナ臭い出来ごとが続いています。


実は香港ドルはまさに、この中国情勢の変化とともに翻弄される運命にあります。


どうか早めにUSDHKDを取引できる(GEMFOREXの)環境を整備していただき、次の記事からの香港周辺情報に注視していただけましたら幸いでございます。





残念なお知らせ。GEMFOREX両建てスワップ手法は終了!


先日の更新で、この頃のGEMFOREXの様子がおかしいと書きました。


  関連過去記事:何が起きてるGEMFOREX?両建て手法はしばらく様子見。


スプレッドの開き方が異常になっているようだから、しばらく両建ての新たなエントリーは控えましょう、というお話でした。


それから週末も終わり、月曜日から今週の相場が始まりました。


米国株式市場で急落からの「サーキットブレーカー」が発動したのが日本の9日(月)夜。その翌朝の10日(火)朝の7時頃、その悲劇は起こりました。


なんと、両建てポジション保有中のEURUSDのスプレッドが、想像以上に膨らんで、全ポジ強制ロスカット!


これはイタい!


元々、過去10ヶ月間におけるEURUSDの最大スプレッドは8.4pips。


対して私の持ち玉は最大15pipsまでスプレッド耐性を持たせた資金管理。


そして、、、ロスカットを食らった瞬間のスプレッドは、まさかの『20.5』pips!!


EURUSDの両建てでコツコツと稼いだスワップポイントも、


途中、USDHKDで稼いだキャピタルゲインも、


そして投資元本の600ドルとそのボーナスクレジットも、、、、


全て消えてしまいました〜〜、、、。。。


fc2blog_20200311022447c4c.jpg


残高はマイナス約500ドル。


これが借金に?? いや、負債にはなりません。


これは、GEMFOREXのゼロカットシステムのおかげで、一瞬でゼロに戻してくれました。スッカラカン。これは海外FXのありがたいところ。




この強制ロスカットからの教訓


01.jpg


いや〜、スプレッド耐性は多めに見積もっての取り組みだったつもりですが、負けてしまいました。


見込みが甘かったとは、思いません。


コロナのせい、といえばそうなのかもしれませんが、こういう相場は何年かに一度はくるものだという前提は織り込み済みです。


コロナ相場が落ち着いてから、また時機を見計らってエントリーをやり直せば、いずれは今回の負け分(600ドル)も取り返した上でプラス収支になる日は必ず来ます。


・・・GEMFOREXの双方向プラススワップが継続されていれば。


そうです。全てはGEMFOREXという天のお恵み次第。


そして今回の教訓では、GEMFOREXはこうして相場が荒れているときに乗じて、ストップ狩りで荒稼ぎするがごとく、主要通貨ペアだけ?スプレッドが異常事態になるということがわかりました。


あるいは、それはGEMFOREXの悪質な意図がないのだとしても、ショック相場での脆弱性が見て取れたということになります。


このような事態は、今回のコロナ相場が落ち着くまで、そしてその後も経済ショックがある時には、たびたび起こる可能性があると見ておくべきでしょう。


経済が一定方向に落ち着くまでは、いまは両建てスワップにも手を出せません。




今後はどうする


034.jpg


というわけで、昨年5月から期待を込めて実践してきたこのGEMFOREX両建てスワップ手法も、無期限休暇です。


毎日スワップポイントを確認し、記録し続けてきた当ブログも、お役御免ということになります。


いや、USDHKDの片張り手法はまだまだ健在ですし、ポジションもそれなりに保有中なわけですが、まあ、こちらは当ブログのまとめ記事等、既出の関連記事で事足りるシンプルな手法ですし、毎日のスワポ監視もさほど重要ではないので、当ブログが消えてなくなっても読者様へのご迷惑にはならないでしょう。


もっとも、このブログ自体を解約して消去してしまうのももったいないですから、いずれ別のテーマでブログ再開の折りには、この同じプラットフォームを継続使用することでしょう。


その時には、またご贔屓に、ご愛読いただけましたら幸いでございます。


それでは、突然のご挨拶になってしまいまして恐縮ですが、ごきげんよう。


皆様の幸運と勝利を祈ります。


ありがとうございました。



033.jpg




campaign 20200311









Profile

ようじ

Author:ようじ

Latest journals
Archives

全ての記事を表示する

Monthly archive
Category
カテゴリ:手法のまとめ
Check it!
Search form
Display RSS link.
Link